障害年金の請求方法の種類

請求の仕方には、次の4つの方法があります。
 

認定日請求

 
 初診日から1年6月経過した日、またはそれ以前の「治った」日(概ね3ヵ月以内)の程度が障害等級に該当していると、他の要件を満たしていると、その日以降いつでも請求手続きができ、認定日の翌月分から年金が受給できます。

 この請求は、その請求の時期が大幅に遅れたとしても、年金は最大5年分を遡及して受給することができます。
 

事後重症請求

 
 認定日には程度が軽くて障害等級に該当しなかったが、その後該当するようになったときは、そのときから年金の請求ができます。

 認定日の診断書が取得できない場合もこの事後重症請求となります。

 事後重症請求の場合の年金受給は、請求手続きを行った翌月分からで、遡及して受給することはできません。
 

初めて2級の請求

 
 この請求は、すでに障害のある人がさらに障害を負ったことによって、それらを併合(別々の傷病)して初めて2級に該当する場合に請求するものです。

 この場合、受給権が発生するのは複数障害併合の結果2級に該当したときですが、実際に年金を受給できるのは、請求手続きを行った月の翌月分からになるので、手続きは早い方が良いことになります。
 

20歳未満の初診による請求

 
 初診日が20歳前で、どの年金制度にも加入していなかったときは、原則として、20歳に達したときに障害等級に該当していると、国民年金から障害基礎年金が支払われます。

 

お問い合わせは佐伯社会保険労務士事務所まで

 


Yahoo!ブックマークに登録
このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をクリップ!
Buzzurlにブックマーク
 

    ブクログ

 

佐伯社会保険労務士事務所
神戸市中央区御幸通6-1-25
ももの木三宮ビル5階
TEL: 078-242-7789
Fax: 078-242-7709
e-mail:info@saeki-sr.com
URL:  http://sr-saeki.com
Copyright© 2010 就業規則・給与計算・助成金なら神戸市の佐伯社会保険労務士事務所 All Rights Reserved.