障害年金 Q&A

初診日とは何ですか

 

 障害の状態に該当し、かつ障害の原因となった病気やけがについて、初めて医師または歯科医師の診療を受けた日を言います。

具体的には次に掲げる日をいいます。

1.同一傷病で転医した場合(医師からの紹介などを含む)
  ⇒最初に診療を受けた医療機関での診療を受けた日
 
※この「最初に診療を受けた医療機関」とは、その傷病の専門外の医療機関や誤診をした医療機関も含まることになります。
 
※医師が作成する診断書には初診日を記載する必要がある為、その傷病について前医(又は前々医)があり、診療録で初診日の確認が出来ない場合、医師が本人に問診して初診日を記載する場合があります。

2.健康診断で異常の所見が有り、精密検査や診療の指示を受けた場合
  ⇒その健康診断の受診日
 
※この場合は、健康診断受診後に医療機関で診察を受けた日ではありません。

3.傷病が治癒(症状固定)して社会復帰した後に再発した場合
  ⇒原則として、傷病再発後の診療を受けた日
 
※但し、社会復帰後の傷病再発の場合でも、傷病治癒前から継続して薬治下又は診療所内にいた場合は、社会復帰(傷病治癒)前の診療初日が初診日となります。

4.障害の原因となった傷病の前にその傷病を引き起こした別の傷病がある場合
  ⇒一番最初の傷病に対する診療を受けた日

 

初診日はどのように証明すればいいですか

 

 証明書類としては、医師・歯科医師が作成する診断書などの証明書(医証)が基本となります。
 しかしながら、診療録いわゆるカルテの保存期間は5年と定められています。
 糖尿病などで、当初は症状が軽かったなどということから長い間受診しないでいるうちに、カルテの保存期限が切れて廃棄されている場合があります。

 医大付属病院など大きな病院では5年以上保存している病院もありますので一概には言えませんが、初診日から5年以上経過している場合は、その証明が難しくなることは確かです。

 しかしカルテがなくても初診日を証明できる場合があります。

 

初診日証明がとれなければ請求は無理ですか

 

 知的障害(精神遅滞)については、初診日の証明は必要ありません。

 診療を受けて症状が良くなったので社会復帰し、かなりの期間それが続いていたが、再び症状が悪化して障害の状態に戻ったようなとき、再発後の初診日で請求できることがあります。

 この、医学的に治癒していないが、社会的には治癒したと同様の生活を送っている状態を「社会的治癒」と言います。

 数十年前の初診日については、本人の申立によることも可能な場合があります。

 

障害認定日とは何ですか

 

 障害認定日の一つである「治った日」とは、あくまでも初診日から1年6月以内の日をいいます。その期間が経過した後で「治っ」ても、その日は障害認定日とはなりません。

 この「治った」というのは障害年金に独特の概念で、「完治」とは違います。完治していたら障害等級には該当しないでしょう。

 それではどのような意味かというと、一口に云えば「症状が固定した日」ですが、治療による効果が期待できない状態になったことも「治った」とされます。

 例えば腕などを切断したときは、その切断した日が障害認定日になりますので、1年6月待たなくても障害年金の請求ができることになります。

 治癒認定が難しい内科的疾病や精神疾患では、1年6月経過した日を「みなし治癒日」として障害年金の請求を可能にしたものといえます。

 この「治った」かどうかは医師が認定(治癒認定)しますので、内科的疾患であっても、脳血管疾患の場合などでは治癒認定されることがあります。

 同じような趣旨で、心臓に人工弁やペースメーカーを装着したとき、人工関節や人工骨頭を挿入置換したとき、腎不全で人工透析を導入してから3ヵ月経過したときも、初診日から1年6月経過する前であっても障害認定日として扱われます。

 

保険料免除期間が多ければもらえる年金額は少ないですか

 

 老齢基礎年金では、保険料全額免除を受けた期間はそれを3分の1や2分の1として計算するので、保険料を納付した場合と比べると、その期間の年金額も3分の1や2分の1になります。

 しかし、障害基礎年金ではそのようなことはなく、保険料免除期間は、納付要件については、全て保険料納付済期間と同様に取り扱われます。

 

身体障害者手帳の等級と年金等級の関係はどうなっていますか

 

 身体障害者手帳の障害等級表を、そのまま障害年金の障害等級に当てはめることはできません。よく勘違いをされています。

 生活保護法の生活扶助では、障害者加算を加算する場合の条件を、身体障害者手帳の障害等級が1級~3級または障害基礎年金の1級~2級に該当すること(障害基礎年金を受給していること)、としています。

 このことから身体障害者手帳の1、2級は年金の障害等級1級に、同じく3級は年金の2級に相当する、という読み替えがある程度可能です。

 これは、あくまでも生活保護制度の取り決めのことであって、年金の障害認定とは直接的には関係がありません。

 心疾患で人工弁やペースメーカーを装着している方の場合、身体障害者手帳では1級ですが、障害年金では3級に認定される、というように大きく異なる場合があるので、特にご注意が必要です。

 精神障害者保健福祉手帳の障害認定基準とは、精神疾患による障害年金の障害認定基準は、ほぼ同等と考えても差し支えないと考えます。

 しかし、知的障害の場合は、全国共通の基準がなく、各都道府県ごとの基準もまちまちですから、参考になりにくいと言えます。

 

お問い合わせは佐伯社会保険労務士事務所まで

 


Yahoo!ブックマークに登録
このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をクリップ!
Buzzurlにブックマーク
 

    ブクログ

 

佐伯社会保険労務士事務所
神戸市中央区御幸通6-1-25
ももの木三宮ビル5階
TEL: 078-242-7789
Fax: 078-242-7709
e-mail:info@saeki-sr.com
URL:  http://sr-saeki.com
Copyright© 2010 就業規則・給与計算・助成金なら神戸市の佐伯社会保険労務士事務所 All Rights Reserved.