障害年金サポート

ほとんどの傷病が障害年金の対象です。

- よくある症例 -

・うつ病・統合失調症・発達障害・高次脳機能障害など
・脳梗塞・くも膜下出血など脳血管疾患の後遺症があるとき
・視力・視野・聴力が低下したとき
・心不全症状またはペースメーカー・人工弁を装着しているとき
・中皮種・肺気腫・間質性肺炎などの呼吸器疾患
・人工関節・人工骨頭を挿入置換しているとき
・糖尿病とその合併症
・肝硬変などの肝疾患
・人工透析を受けているとき
・人工膀胱・人工肛門を造設しているとき
・各種のがん及び各種難病(特定疾患)
 
「障害年金の請求がわからない」、「請求したが不支給となった」、「障害等級の認定に納得がいかない」、「年金額が減らされた」、と言った障害年金に関わる様々なことで悩んでいらっしゃる方、ご相談ください。
※障害年金を支給できないという決定に納得できず、不服申し立てなさりたい方のご相談にも応じます。

 

障害年金の受給要件

障害年金は、次の4つの条件(「受給要件」といいます。)がすべて満たされた人に支払われます。

それは、
1.初診日要件、
2.制度加入要件、
3.保険料納付要件、
4.障害要件
の4つです。以下に、これについて解説します。
 
1.初診日要件
我が国の障害年金制度では、この初診日に非常に大きな意味があります。
それは、初診日が、上の2.から4.までの受給要件のすべてに関わることからも、その重要性が判ると思います。
さて、障害年金請求の要因となった障害は、何らかのけがや病気が原因となって発生するものです。
従って、傷病には必ず初診日がありますので、その日がいつで、どの病院の初診日かを特定する必要があります。
そして初診日は、何らかの証明によって裏付けられる必要があります。
 
2.制度加入要件(加入要件)
その初診日に、年金制度(国民年金、厚生年金保険など)のどれかに加入している必要がある、ということです。
これに当てはまらない場合でも、初診日に20歳未満か、又は60歳以上65歳未満であるとき(ただし、住所が日本国内にあるときに限る。)は、年金制度に加入していない時期の初診日であっても、国民年金に加入していたのと同じ扱いになります。
 
3.保険料納付要件、(納付要件)
初診日の前に、決められた月数以上の、保険料が納付されているか、免除を受けている月数が必要です。
具体的には、次の条件のどちらかに当てはまっていることとされます。
 
・初診日の前々月までの年金加入月数の3分の2以上が、保険料納付済みか免除されている月であること
・初診日の前々月までの12ヵ月がすべて保険料納付済みか免除を受けた月であること
・障害の程度が障害等級に該当していること
 
4.障害要件
障害年金の等級は、重い方から1級、2級、3級と定められている他、3級の下に障害手当金があります。
障害年金の等級に該当することによって障害年金が受給できる
厚生年金保険では、1級から3級までの等級のどれかに該当すると年金が受給できますが、3級に達しないときでも、障害手当金に該当すると一時金が支払われます。
しかし国民年金では、1級か2級に該当しないと障害年金(障害基礎年金といいます。)は受けられません(3級の年金と障害手当金はありません。)。
 

お問い合わせは佐伯社会保険労務士事務所まで

 


Yahoo!ブックマークに登録
このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をクリップ!
Buzzurlにブックマーク
 

    ブクログ

 

佐伯社会保険労務士事務所
神戸市中央区御幸通6-1-25
ももの木三宮ビル5階
TEL: 078-242-7789
Fax: 078-242-7709
e-mail:info@saeki-sr.com
URL:  http://sr-saeki.com
Copyright© 2010 就業規則・給与計算・助成金なら神戸市の佐伯社会保険労務士事務所 All Rights Reserved.