介護保険と給与の関係

 
 介護保険の保険料は、健康保険の保険料と一括して徴収することになっています。

 賃金の計算で介護保険料の対象となるのは、健康保険に加入する40歳以上65歳未満の人です。

 また、賃金から控除するタイミングは下記の通りです。

賃金の計算をするには次の点に注意が必要です。
 

社員が40歳未満の場合

 
 社員が40歳未満の場合は、介護保険の被保険者には該当しません。

健康保険料を計算する際は、「保険料額表」の「介護保険第2号被保険者に該当しない場合欄」の保険料から求めます。

「保険料率」で計算する場合は健康保険の一般保険料率のみを使用します。
 
 

社員が40歳に達した場合

 
40歳~64歳までの方の場合、介護保険料は健康保険の保険料と一括して徴収されます。

社員が40歳に達すると、介護保険の第2号被保険者となります。

40歳に達した日とは「40歳の誕生日の前日」となりますので、介護保険料の負担は「40歳の誕生日の前日が属する月」からになりますので注意が必要です。
 
 

社員が65歳に達した場合

 
 65歳以上になると、介護保険の第1号被保険者となります。この場合、介護保険料は年金からの天引き(特別徴収)か、または直接に市町村に納める(普通徴収)ことになります。

したがって、「65歳の誕生日の前日の属する月」から、給与からの介護保険料の徴収は終了します。
 
 

控除の時期

 
給与からの控除の仕方は、健康保険の場合と同様です。
 

 

お問い合わせは佐伯社会保険労務士事務所まで

 



Yahoo!ブックマークに登録
このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をクリップ!
Buzzurlにブックマーク
 

    ブクログ

 

佐伯社会保険労務士事務所
神戸市中央区御幸通6-1-25
ももの木三宮ビル5階
TEL: 078-242-7789
Fax: 078-242-7709
e-mail:info@saeki-sr.com
URL:  http://sr-saeki.com
Copyright© 2010 就業規則・給与計算・助成金なら神戸市の佐伯社会保険労務士事務所 All Rights Reserved.