就業規則

スタバでノートを整理中

 

 就業規則は、その内容に合理性があり、入社時に就業規則を提示し誓約書で同意を得ることで、労働契約の内容となります。

 会社にとって就業規則は大切なものですので、他社の就業規則を流用したり、市販のひな形を利用したりしていることはないでしょうか。
 
 それぞれの企業で文化も歴史もちがいます。自社の実態と異なる労働契約を締結すると恐ろしいことにもなるかもしれません。

 もしトラブルが起こり、訴訟にでもなれば、企業にとって大きなダメージを受ける結果にもなります。

 そのような労使間のトラブルを防止するためや、トラブルが発生した際の解決法のひとつとなったり、もっと言えば企業のポリシーを表現する意味では、就業規則がその役割を担うものとなります。

 

 就業規則は非常に大切なものです。その理由は・・・・・

1. 従業員との紛争の予防のため
個別労働関係紛争(労働組合ではなく従業員個人と企業との紛争)が増えています。就業規則の整備により企業内ルールを確立して紛争を未然に防ぎましょう!

2. 万一のときのマニュアルとして
従業員が入院して長期休養に・・・、うつ病で休職中の従業員が復職したいと言ってきた、さてどうしたら良いか?

就業規則にあらかじめ万一の場合のことが規定されていれば安心です!

3. 従業員のやる気を引き出すため
社内ルールを確立させることで従業員に安心感を与え、やる気を引き出します!

この機会に、当事務所の就業規則作成サービス・給与計算事務サービスをぜひご検討ください。

 

◆ 貴社の状況、企業風土等をお聞きし、貴社にあったオーダーメイドの就業規則を作成いたします
・就業規則の内容の多くは、労働基準法などの労働法規によってその最低基準が定められています。

そのため、就業規則の内容はどんな企業でもある程度は似た内容になりがちです。しかし、就業規則の定め方は、むしろ法規制がされていない部分が大切です。

・「他社がこうだから」という就業規則ではなく、「当社はこうなんだ」という貴社にあったオーダーメイドを作成するためには、労働法規や労務管理の専門家である社会保険労務士とじっくりと話し合いながら作成していく必要があります。
 

◆就業規則作成のご説明により、労働法規や労働判例など、労務管理に必要な知識をわかりやすくお伝えします

・社会保険労務士とじっくりと話し合いながら就業規則を作成 する過程で、労働法規や労働判例など、企業が知っておくべき労務管理の大切なポイントを理解することができます。安価な雛形や他社の就業規則を基に作成する場合、このようなことはなかなか理解できません。

・貴社にあったオーダーメイドの就業規則を作成するだけでなく、作成の過程で知識が身に付くことは社会保険労務士に就業規則作成を依頼する見えないメリットなのです!
 

◆就業規則説明会

・裁判例等では、就業規則は、対象従業員への周知手続を取れなければ、その効力が発生しないとされています。また、就業規則の改定により従来よりも労働条件が一部下がってしまうこともあります(不利益変更)。そのような場合には、後日紛争になったときのことを考えると、「合意書」を取っておいた方が良い場合があります。

・従業員説明会を開催し、出席者の署名や合意を取っておけば、周知手続や従業員との合意を証明することができます。
 

◆現行就業規則の診断

・労働法規は頻繁に改正されています。

・最新の法規に照らし合わせて、また現行の就業規則が本当に貴社に合った就業規則なのか、分析、診断し、わかりやすく説明いたします。 
 
 

お問い合わせは佐伯社会保険労務士事務所まで

 


Yahoo!ブックマークに登録
このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をクリップ!
Buzzurlにブックマーク
 

    ブクログ

 

佐伯社会保険労務士事務所
神戸市中央区御幸通6-1-25
ももの木三宮ビル5階
TEL: 078-242-7789
Fax: 078-242-7709
e-mail:info@saeki-sr.com
URL:  http://sr-saeki.com
Copyright© 2010 就業規則・給与計算・助成金なら神戸市の佐伯社会保険労務士事務所 All Rights Reserved.