パワーハラスメント

「パワーハラスメント」とは、
 同じ職場で働く者に対して、職務上の地位や人間関係などの職場内の優位性を背景に、業務の適正な範囲を超えて、精神的・身体的苦痛を与える又は職場環境を悪化させる行為をいいます。
 

パワーハラスメントの理解

 
 職場のパワーハラスメントは、上司から部下への行為に限ったものではなく、先輩・後輩間や同僚間、さらには部下から上司に対して行われるものもあります。そのため、上記の「職場内の優位性」には、「職務上の地位」に限らず、人間関係や専門知識など様々な「優位性」も含まれています。
※同じ職場で働く者同士の関係以外にも、例えば、顧客や取引先から、取引上の力関係などを背景に、従業員の人格・尊厳を侵害する行為がなされる場合があります。
 
 また、職場のパワーハラスメントとしては、あくまで、「業務の適正な範囲」を超えるものが対象になります。受け止め方によっては不満を感じたりする指示や注意・指導があったとしても、これらが「業務の適正な範囲」で行われている場合には、パワーハラスメントには当たりません。
 
 なお、セクシュアルハラスメントについては、男女雇用機会均等法によって雇用管理上講ずべき措置が明確化されていることから、同法の枠組みに沿って取組が行われるべきです。
 

パワーハラスメントの類型

 
 職場のパワーハラスメントは、典型的には以下の6つに類型化できます。ただし、これらがパワーハラスメントに該当する行為のすべてではありません。これ以外の行為は問題ないということではありません。
 
①暴行・傷害
②強迫・名誉毀損・屈辱・暴言
③隔離・無視・ネグレクト
④仕事の妨害、遂行不能な業務の強制、不要な業務の強制
⑤能力や経験とかけ離れた程度の低い仕事を命じることや仕事を与えないこと
⑥私的なことへの過度の干渉

 
①は、業務の遂行に関係するものであったとしても、「業務の適正な範囲」に含めることはあり得ません。
 
②と③については、通常、業務の遂行に必要な行為とは考えられませんので、原則として「業務の適正な範囲」を超えるものと考えられます。
 
④から⑥までは、業務上の適正な指導との線引きが難しいことがあります。こうした行為について、何が「業務の適正な範囲」を超えるかは、業種や企業風土によって違いが生じることがあります。
 

お問い合わせは佐伯社会保険労務士事務所まで

 


Yahoo!ブックマークに登録
このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事をクリップ!
Buzzurlにブックマーク
 

    ブクログ

 

佐伯社会保険労務士事務所
神戸市中央区御幸通6-1-25
ももの木三宮ビル5階
TEL: 078-242-7789
Fax: 078-242-7709
e-mail:info@saeki-sr.com
URL:  http://sr-saeki.com
Copyright© 2010 就業規則・給与計算・助成金なら神戸市の佐伯社会保険労務士事務所 All Rights Reserved.